公共料金が支払えない!水道・電気・ガスはいつ止まる?

公共料金が支払えない!水道・電気・ガスはいつ止まる?

 

急な出費があって公共料金を支払う余裕が無くなってしまった!

 

なんて事が一年に何度もあり私は何度も止められてきました。

 

さて公共料金が支払えない場合それぞれいつ止まるのでしょうか。

 

私の体験談を元にお話していきたいと思います。

 

ギャンブルにはまり生活費を使ってしまった

 

今から二年前の話なんですがパチンコやスロットなんてやった事も無かったのですが、自分の好きなアニメがパチンコに出るという事で一度どんなものなのか知りたくて、友達にやり方を教えてもらい遊んでみたんです。

 

そうしたら、見事にはまってしまって・・・
最初はビギナーズラックみたいなので何度も当たりを引いていたんですが何日かやり続けていたらいつのまにか生活費まで使ってしまい満足にご飯も食べられず苦しい毎日を送っていました。

 

なんとかギャンブルでプラスにしようとあれやこれやと頑張りますが、結果は悪くなるばかり。

 

そうして数ヶ月生活費が足りない状況が続き、ガス、電気、そして水道までも止めてしまったんです。

 

では本題である公共料金を支払わなかった場合にいつ止まるかをお話していきます。

 

公共料金を止められたのは下記期間中です。
電気代⇒1~3ヶ月
ガス代⇒2~3ヶ月
水道代⇒6ヶ月

 

どれも手紙やら支払票が何度も届き困惑していたのを今でも覚えています。
どの機関も相手は人間なので払う意思を見せれば最初は止めてもらうのを待って貰える事ができていました。

 

しかし、延滞が続いてから各公共機関の信用はガタ落ち。
電話すれば注意されるので、電話するのが億劫になりました。

 

で、この現状を打破してくれたのがキャッシングだったんです。

 

30日間無利息のキャッシングで生活環境を逆転!

この状況を打破しようと色々な事を考えたんですが、物を売ろうとしても大事なものは売りたくないですし、友達や家族からお金を借りるのは気が引ける。生活費を抑えても抑えた分ギャンブルに使ってしまっていたので振り出しに戻るといった事を永遠とループしていたので、一度キャッシングをしようという考えに至りました。

 

キャッシングにはすごく抵抗があります。
完済した今でも抵抗は残っています。

 

でも、抵抗があるからこそ借りたらお金を馬鹿みたいに使ったりしないだろうと。

 

今回私が利用したのは30日間無利息の消費者金融でしたので公共料金を返済した後でも支払いがかさむといった事もなく3ヶ月で生活環境をどん底から逆転させる事に成功出来ました。

 

今はギャンブルも卒業し、自転車操業のような事も無くなって問題なく生活できています。

 

消費者金融からお金を借りる事に抵抗があるなら僕と同じような考えの元借りれば上手く生活環境を逆転させる事が出来るかもしれません。
公共料金の支払いに苦しんでいるのであればぜひ参考にしてみてくださいね。